水処理サービス

サニコンの水処理サービス

最新の技術を開発・導入しイニシャルコスト、ランニングコストの低減と水質環境の保全を実現します。

【排水処理施設】

  • ◎ 合併処理浄化槽
  • ◎ 医療系排水処理
  • ◎ 厨房除害施設
  • ◎ 工場排水処理施設

  • ◎ 雨水処理
  • ◎ 中水道施設
  • ◎ プールろ過
  • ◎ 井水ろ過
  • ◎ ディスポーザ排水処理
計画〜設計・施工・保守管理・水質計量証明まで一貫したサービスをご提供します!

小型合併浄化槽

小型合併処理浄化槽は台所、洗面所、浴室、トイレなど日常生活を通して排出される生活雑排水の処理を行う装置です。

小型合併浄化槽

大型合併浄化槽

大型合併処理浄化槽はマンションなど集合住宅から飲食店、商業施設、オフィスビルまで幅広く対応。浄化槽の提案、設計、施工及び設置後の保守点検・水質検査まで一貫して承ります。

大型合併浄化槽

処理施設

工場や事業所から出る産業排水処理は食品、化学、医療関連など実に様々です。これらは業種により排水処理方式も設備もすべて異なります。下水道が使用できる区域において、レストラン、工場、病院等の営業活動を行っている事業場では、規模によって除害施設の設置を必要とする場合があります。

サニコンでは排水処理装置の設計は製造過程で使用される原料、薬品、稼動時間等を詳しくリサーチし、弊社関連企業の総合水研究所での排水分析から計画はスタートします。その結果を踏まえ、排水をどのように分解すべきかを考えて設計し、個々に合う処理設備を提案します。

  • ■ 産業排水処理施設

    産業排水処理施設
  • ■ 除害処理施設

    除害処理施設
  • ■ 中水道処理施設

    中水道処理施設

KIDS System

KIDS System

生物膜を利用した担体型有機廃水処理装置「KIDSシステム」は、剥離した生物膜由来の汚泥をストランド(ひも)間に捕捉し、長時間保持することで汚泥を分解しています。

  • ■ 汚泥発生量が少ない   汚泥発生量が標準活性汚泥法の1/5という実証試験結果が得られています。
  • ■ 安定で良好な処理性能 比表面積が高いため、多様な生物を保持しやすく、負荷変動にも強いシステムです。

前段部

前段部

前段では、有機物量が多いため生物膜が肥大します。これらの生物による閉塞を防ぐため、ストランド(ひも)間隔が広い担体を用います。

後段部

後段部

前段から剥離した生物膜は、小さなSS*となって後段に流れます。これらのSSを効率的に補促するため、特殊な内部空間を持つ担体を用います。
*SS:浮遊懸濁物質

膜(精密ろ過)

設置スペースが従来品の1/2、極めてハイレベルな水質を実現

精密濾過膜による浄化を下水と上水で採用(平膜・中空糸膜)

膜の表面には、汚れの成分よりもサイズの小さい、マイクロメートル単位の微孔があいているため、透過液(水)しか通過できません。この微孔へは、当然汚れの成分も吸い寄せられていき、そのままにしておけば目詰りをおこします。そこで、膜の下からばっ気し、水流と気泡が膜表面についた汚れの成分を「洗い落とす」ことで微孔の目詰まりを防ぎます。

膜(精密ろ過)