バイオ式(消滅型)生ゴミ処理機

食品残渣を入れるだけ!生ごみの運搬・焼却が不要 バイオ式(消滅型)生ごみ処理機LFCシリーズ 性能保証3年 耐久性15年 レストラン ホテル 食品工場 学校 老人ホーム など様々な場所に採用されています。

LFCシリーズについて

LFCは微生物の力を使い、食品残渣を分解処理する装置です。作業は食品残渣を投入するだけです。
その後は24時間かけて微生物が分解を行います。処理後は排水のみ排出されます。
密閉された装置は衛生的でコンパクト設計の為、厨房やバックヤード内でのご使用が可能です。
本体にはインターネット接続機能とオート計量システムが取り付けられており、時間と処理した食品残渣量が自動で記録されます。海外では大手食品会社、有名ホテルやテーマパークに設置されております。
食品残渣を発生場所で処理出来ますので、専用車両での運搬や焼却処理が不要になります。
その結果、CO2排出量と廃棄物処理費を同時に削減するメリットを提供いたします。

微生物による分解を行う消滅型生ごみ処理機は、使い方を間違えばすぐに腐敗が始まり、臭気が発生、または最悪微生物の死滅も起こりえます。食品の過度の投入、消化しにくい食材(繊維質等)の投入、水圧・水温の低下、庫内(生育環境)の異常温度の発生を防ぎ稼働させることが重要です。LFCは重量・温度・水圧センサーを各箇所に搭載し常に誤使用・誤作動がないように管理する装置です。

生ごみ処理でよくあるお悩み

  1. 1臭いでクレームが多々発生…
  2. 2屋外のごみ置き場まで運ぶのが面倒…
  3. 3安定稼働のためのメンテナンスが大変…
  4. 4燃料代などランニングコストの負担が大きい…
  5. 5環境負荷を低減したい…
LFCシリーズなら解決!
密閉空間内で微生物が分解
24時間以内に分解処理されて衛生的。
屋内に設置しても臭いが気になりません。
IoTで稼働状況を常に監視
センサーから取得したデータに異常があると当社管理センターが対処法をご案内。
育成環境の維持が簡単
微生物の追加や菌床の入れ替えのタイミングをタッチパネルで確認できます。
産廃処理費、光熱費を抑制
産廃処理の委託費用を削減。省エネ設計で光熱費も節約できます。
クラウドでデータを管理
生ごみの投入日時・量、庫内温度などのデータを自動記録。
廃棄ロス削減、CO2削減などの目標管理に活用できます。
CO2排出量削減に貢献
車両での生ごみの運搬や焼却処理が不要のためCO2排出量を削減できます。

カタログダウンロード

販売・保守

〒140-0013 東京都品川区南大井6-12-13
TEL:03-6683-3255

輸入・開発

〒235-0045 神奈川県横浜市磯子区洋光台4-6-39
TEL:045-752-9088
http://www.namagomi.biz/
e-mail:LFC@namagomi.biz

製造元

Power Knot LLC
San Jose, California, USA
http://www.powerknot.com/lfc/